リヤアンダーミラーの補修

さて、7年も青空駐車していますと、プラスチック部分の傷みは、激しいものがあります。

5年目位に、リヤアンダーミラーの表面がボロ々になり、爪でも傷がつくようになりました。
丁度、長年使用している、洗濯物を干すプラスチックのハンガーのようです。

そこで、塗装を試みましたが、すぐに剥がれてしまいうまく行きません。
止む無く、カティングシートで何とか、ごまかしています。
今回、それを張り替えましたので、同じような症状の方の参考になれば、幸いです。

(1)表面がボロ々の状態

(2)まず、取付け部を先に、貼ります。

(3)角に切り込みを入れ、丁寧に貼ります。

(4)ドライヤーで暖めると、密着します。

(5)次に、ミラー本体に貼ります。
  取付け部の所は、予め、カットしておきます。

(6)ドライヤーで暖めながら、少しづつ貼って行きます。

  最後に、はみ出たバリの部分を、カッターで切って完成です。