コーナリングランプへのスモールランプ
埋め込み方法について

(情報提供:愛知県/安保さん)

スモール点燈時、前方がイマイチさびしい為、コーナリングランプ内に、
スモールランプを付ける事を思い立ちました。

問題は、どのようにランプを付け、防水性を確保し、ランプ交換を
容易に行うかでした。
色々考えた末、容易にランプ交換することについては、あきらめました。

1. まず、スモールランプから、電源を取り出しておきます。
2. 市販のランプにリード線を直接ハンダ付けします。(一番簡単な方法)
(イラストを参照してください)
3. コーナランプを外します。(佐藤さんのヘッドランブ交換を参考にして
    ください)
4. なるべく、前方に穴を空けます。(線が通るだけの大きさ)
5. リード線のほうから、既設ランプの穴から通しシーリング(ボンドだと
    交換する時に大変)を塗り、硬化するまで(半日くらい)そっとしておく。
6. 1の電源の線と接続します。アースもしっかり取ります。
 
   


以下、北川さんから頂いた情報です

私は、下記の方法で同じ事をしました。
1.解体屋さんで、三菱車のコーナリング/スモールのソケットを買ってくる。
(私は、ミラージュの物を買いました。1個100円→2個で200円ですみました。
2.スモールの配線を取り出す。
3.スモールの配線を、1に接続する。デュアル球なので1灯は、コーナリング、もう1灯は、スモールにしました。
4.私の場合→純正スモール部をオレンジに塗装し、配線を横のウインカーと連動させ大きいウインカーにしました。