ターボタイマーかけながらキーレスエントリーを使おう!!
(情報提供:和歌山県/やくひでさん)

超簡単改造法
(情報提供:徳島県/えどさん)


和歌山のやくひでと申します。
私の乗ってる車は97式スペースギア(KD−PE8W)です。
キーレスエントリーはオプションで付けました。
だからもとからついてるのとは
ちょっと配線が変わると思います。
それではわたくしが苦心?して仕上げた
裏技を紹介します。
ディーラーから配線図まで借りてきて
考え出しました。
普通スターボ・ターボタイマー作動中(エンジン稼動中)は
制御ボックスからキーレス効かない信号が出てるため
キーレスが効かないのです。
そこでこの信号をキーを抜いたときにカットする
回路を考え出しました。
普通に配線をカットするだけでもいいんですが
それをやるとキーレス制御と電動窓の制御が
同じ基板のため今度キーを回しても運転中に
窓が開かなくなります。
そこで間に12Vのリレーを入れてON/OFFできるようにしました。
まずハンドル下のヒューズのボックス&制御ボックスセットを取り外します。

はずすねじはボックス左のねじ(ソケットレンチ10o)です。
そしてボックスを下に下げます。
無理して引っ張ると線ちぎれますよ。
そしてでてくるのが

この白いボックスです。
これがキーレス制御ボックスです。
そしてこのボックスをはずすときは
この左右両方に引っかけがついてますから
それをはずして上に引き上げてください。
コネクター式になってますから。
そしたらこんなボックスがとれます。
横のコネクターはぬいといてください。
そしてこのふたを開けると
ジャンジャジャーン!!

これが制御基板なのだ。
そしてこれを裏向けて
白のよこにながーいコネクターの
裏に番号がうってます。
この11番がACCから
エンジンかかってますよ信号が
来るピンなのです。

僕の場合まず11番ピンと
JP15とがつながってる
パターン(写真中央)を切り取ります。(メッ茶汚いですけど。
初心者ですから許してください。)切り取ったあと絶縁シリコンなんかを
塗ると劣化防止になっていいと思います。僕はなかったから塗りませんでしたけど。
そしてその両端にリレーから来た線をはんだ付けします。
線むき出してますけどちゃんと絶縁しました。
何もかも初心者なもので許してください。
けどちゃんとディーラーの人と相談しながらやりましたから。
そしてその線を3つ上写真のように
ふたに穴を開け線を出してきました。
そして一般のカー用品店で売ってる
12Vのリレー(エーモン社製)を付けてそれをシガライターにさしました。
これでキーを回すとON抜くとOFFになってちょうどよくなります。

リレーの配線について、色はこの写真の通り
黒と青がシガライター(+−関係なし(箱に書いてあるとおり))
黄と赤が11ピンとJP15です。(どちらでも)
本当に同じならですよ。
もし違う形式だったら基板壊れるかも。
ということです。

わたくし今また改造して、電源を違うところからとって
シガライター使えるようにしてます。
デッキのACC入れたときに電気(12V)が流れる線(分かるかな?)
と車体の鉄の部分。
これだとパターンカットする前みたいにキー抜いても20秒ほど
窓は開け閉めできます。
シガライターだとキー抜くと窓は開け閉めできません。
これで完璧。
エンジン稼動中(ターボタイマー中)でも
キーレスは効きますし。
キーを稼働のとこまで回したら
ちゃんとリレーが働いて
窓も開くようになります。
まあほんとにこれでいいのかは定かではないのですが、
僕はこのようにしてます。
他にいいやり方があれば教えてください。

超簡単改造法(情報提供:徳島県/えどさん)

エンジンスタータやターボタイマーなどでエンジンがかかっているとリモコンのドアロックが働かない方のために,その超簡単な解消法を紹介します。
@車内のヒューズボックスを開け,シガーとメータのヒューズをはずす。
Aメータのヒューズは殺してしまう。(ショートさせるか,足を1本折ってしまうか・・・もちろんいらないヒューズを使うと経済的です。)
B5cmくらいのコードの一方をその残った足につける。(半田付けすると確実,でも私はめんどくさいので結んであるだけ・・・)
Cシガーのヒューズのバッテリー側でない方の足にコードのもう一方をつける。
Dできあがった物をヒューズボックスに向きを間違えないように差し込む。(2つともコードがついている足をバッテリーとは反対側につける)

メータの電源が落ちているとリモコンが作動することを利用して,メータの電源をシガーからとるように変えただけです。でやってみると簡単にできましたのでお悩みの方一度お試しあれ。