列車のホーン等の取り付けに挑戦
(情報提供:IDFR事務局)

まだ、色々試行錯誤中です。いずれエア配管も含め、掲載する予定です。

タイホーン編 JR電車についていたタイホーン(いわゆるエアホーン)です。

(写真のは165系に付いていたようです)

サウンド(WAV形式,44KB)
当然ながら、デリカに取り付けたタイホーンのサウンドです。
鳴るの?
 トラックショップで売っているような、コンプレッサ&タンク
 でもOKです。圧力は0.4MPa程度でも綺麗に鳴りました。

車への取り付けはできるの?
 ボルトが付いており、ものによってはステーも
 付いている場合もありますので、問題はないでしょう。

配管は?
 タイホーンエア挿入口の口径がかなり大きいので
 異径ソケットを幾つかつなぎ、エアホースの配管口径と
 合うようにしてやる必要があります。
 大口径の異径ソケットは、大型ホームセンターの
 水道配管売り場で、売っています。

入手は?
 鉄道ショップや、鉄道廃品市、インターネットオークションなど
 があります。

価格は?
 鉄道ショップのインターネット通販で7000〜8000円の値が
 付いています。もちろん中古品です。
 おおむね1万円前後で手に入れることができるでしょう。

汽笛編 電気機関車かディーゼル機関車に付いていた汽笛です。


サウンドその1(WAV形式,27KB)
停車時、車両前方にて録音

サウンドその2(WAV形式,49KB)
走行時、運転席にて録音。

これも当然ながら、デリカに取り付けた汽笛のサウンドです。
鳴るの?
 タイホーンと違って、大流量のエアが必要です。
 トラックショップで売っているような、コンプレッサ&タンク
 でも鳴ることは鳴るのですが・・・、内径6〜10mmの普通のエアホース
 では、圧力は0.9MPa位まで上げておかないと、満足する音は
 出ません。
 なお、汽笛には、左右に袋ナットが付いており、それを緩めると、
 筒を左右に移動させることができます。その調整の仕方によって
 高音や低音にすることができます。

車への取り付けはできるの?
 左の写真を参考にしてください。(笑)

配管は?
 タイホーンほどではないですが、エア挿入口の口径が大きいので
 異径ソケットを幾つかつなぎ、エアホースの配管口径と合うように
 してやる必要があります。
 大口径の異径ソケットは、大型ホームセンターの
 水道配管売り場で、売っています。

入手は?
 鉄道ショップや、鉄道廃品市、インターネットオークションなど
 があります。

価格は?
 これも、中古品でおおむね1万円前後・・・かな。
 ちなみに新品では約10万円だそうです。

汽笛については、思っていたとおり手ごわく、音色にまだ納得して
いない状況で、色々試している段階です。

※三菱ふそう純正エアホーンや、トラックショップ等で販売しているエアホーンも含めて、
 純正の電気式ホーンとの交換でエアホーンを取り付けると車検に通らないそうですので、
 ご了承ください。